本文へジャンプ  
お触りあるんですか?!



お触り回避方法


<お触り回避テクニック>

 具体的なお触りの回避テクニックを教えたいと思います。まず、お触りの基準はホステスさんそれぞれ、ということはお話してきましたね。

 一人ひとりお触りの範囲は違うのですが、今回は一般的な悩み?である膝、胸のお触り回避方法、お触りの確率を下げる方法を教えたいと思います。参考にしていただければ幸いです。

 膝については前にも少しお話しましたが、膝を触ってこようとしたらさりげなく手を握ってあげます。そして、お客様の膝の上に手を置きます。

 これでたいていはおさまるのですが、それでも膝の方に手が回ってきたら握手したままで その手を自分の膝の上に置きましょう。手の甲を自分の膝に当たるようにすれば、お客様の手は直接自分の膝の触れることはありません。

 次に、胸ですね。これも膝の回避方法を応用できます。胸を触ってこようとしたら手を握ってお客様の膝に置く。これが基本ですが、不意にさっと胸を触ってくるお客様もなきにしもあらずですよね^^;

 そんなときに役立つのがヌーブラです。このヌーブラ、六本木や銀座のホステスさんは必ず みなさん持っているアイテムです。ドレスを着るときにも役立つのは言うまでもないのですが、 お触り回避にも用いたりします。

 なぜなら厚みがあるので、ヌーブラを触られてもブラのときに触られるよりも全然感覚がにぶいからです。「ヌーブラ+ブラ」のコンビは最高です・笑。

 重みが気になる方はヌーブラエアライトがよいでしょう。お値段は多少高いですが、2つくらい持っていると大変重宝します。

 それと、お客様の方に体を近づけている方がお客様は手をだしてきにくいので、できるだけ体を近づけてみるのも方法です。 不自然な距離感があったりすると、ふとしたときに手が伸びてきたり・・・ということもあります。

 それから、普段からお触りされる確立を下げる方法。これは和服を着るのが一番効果的です。和服は着るのは少し大変かもしれませんが、男性からは隙がないように見えるのでどう触っていいのかわからないのです。ですから和服は効果的ですよ!

 最後に、ここが一番大切なのですが、ホステスには触られやすい雰囲気の女性がいます。これは、痴漢に遭いやすい女性がいたり遭いにくい女性がいるのと一緒です。

 やはり隙があったり、触っても大人しいそうな女性は触られやすい雰囲気を持っているんです。そうならないためには@知的になること、A体やスタイルをPRしすぎないこと、B隙を与えすぎないことが大切になります。

 毎日こういったことに気をつけてお仕事をするようにしましょう。お触りありで働くか、お触りなしで働くかは自分の意識次第です。

 いろいろ工夫してよりより環境を作っていける実力を身につけていきましょう☆
 



モテる女の法則トップへ

恋愛情報

美容・健康

ファッション・ブランド

お仕事

お小遣い

出会い

マネー

キャッシング

ネットライフ

お役立ちサイト

桜の製作サイト

 Copyright (C)2005〜2008 神崎桜 All Rights Reserved
SEO [PR] カード比較 ギフト 冷え対策 チョコ 無料レンタルサーバー