本文へジャンプ  
お触りあるんですか?!



お触りなしで働く


<お触りなしで働く方法>

 前の項で、高級クラブにはお触りがあるか?ないか?というお話をしてきました。

 そして、お触りがあるかないかはホステスさん自身が決めてお仕事をすればよいということでしたね!

 今回は、”どうやったらお触りなしでホステスができるのか”ということについてもう少し深くお話して行こうと思います。

 ここで一つ考えてみてほしいことがあります。”お触り”の基準とは一体どこにあるのでしょうか?

 手を触られたらお触りなのか・・・

 膝を触られたらお触りなのか・・・

 肩を触られたらお触りなのか・・・

 胸を触られたらお触りなのか・・・

 はたまた、もっとエグイ部分を触られたらお触りなのか・・・

 そもそも、お触りの基準というのが曖昧なんですよね。どこまでがボディタッチでどこまでがお触りなのかは、ホステスさん一人ひとりみんな違うと思います。

 しかも、その雰囲気や触り方によっても変わってくるのではないでしょうか。

 ですから、お触りなしで働くというのは、自分でどこまでOKかを決めて働き、自分が拒絶するものは上手くかわせばよいのです。

 つまり、自分ができる範囲のコミュニケーションを取ればいいだけのことなんです。できないことはしなくていいんです。もし触ってくるお客様がいれば営業しなければいいんです。

 どうしても触られそうなお客様がいれば黒服に席を替えてもらえばいいんです。無理に営業して呼んだとしてもよい接客ができないのでかえって失礼になることだってあるかもしれません。

 私は、高いお給料をもらいながら無責任なことはしない方が自分のためでもお店のためでもあると思っています。

 でも、もちろんノルマがあるので”じゃぁお客様ができないじゃない?”と思われる方もいるでしょうが、お客様は全てお触りする方ではありません。

 本当に紳士的な方は、紳士的な飲み方をされます。ですから、紳士的なお客様に営業すればいいんです。それで、紳士的な方から定期的に呼ばれるようになるだけでノルマもクリアできますし、お触りに悩まされることもありません。

 私が働いていたクラブのママは楽しく仕事ができるようお客様をかなり選んでいました。それでもママまで上り詰めることができるんです。

 苦しい思いをしてお仕事するより、楽しくお仕事できる方がいいですよね!楽しく仕事をするためには楽しい環境を
自分で作らなくてはいけません。

 つまり、お触りを許して苦しんで仕事をするか、お触りの基準を自分で決めて楽しんで仕事をするかはホステスさん次第というわけでです。

 ちなみに、私は手を握るのはOKです。膝を触ってこようとしたら、手を握って膝に置きます。これは膝を触っているようで、私にとっては握手なんです。こうとらえると一種のコミュニケーションと同じですね!

ホステスのみなさんもお触りという範囲を自分で決めて、無理なく楽しく仕事をすることをおすすめいたします☆



モテる女の法則トップへ

恋愛情報

美容・健康

ファッション・ブランド

お仕事

お小遣い

出会い

マネー

キャッシング

ネットライフ

お役立ちサイト

桜の製作サイト

 Copyright (C)2005〜2008 神崎桜 All Rights Reserved
SEO [PR] カード比較 ギフト 冷え対策 チョコ 無料レンタルサーバー